咽頭炎・扁桃炎とは

2012-02-17

咽頭痛や嚥下痛、発熱や全身倦怠感、頭痛などの症状で発症します。
通常“かぜ症候群”の一疾患として急性に起こりますが、体調を崩して免疫力が低下していたり、外部からの持続的な刺激により、慢性に移行することもあります。
原因は? ―「A群溶血性連鎖球菌」による感染に要注意
急性咽頭炎・扁桃炎の多くはウイルス感染が原因ですが、細菌が原因の場合もあります。
細菌のうち「A群溶血性連鎖球菌」による急性咽頭炎・扁桃炎では、学校や家庭などで集団発生をみることも多く、特に家庭内では兄弟間で高い感染率を示すことが知られています。
Copyright(c) 2013 藤田耳鼻咽喉科医院 All Rights Reserved.